日本オナニー総合病棟 オナピタル
  1. トップページ
  2. 総合案内
  3. 処方箋のグッズ等提供先について

処方箋のグッズ等提供先について

処方箋品(アダルトグッズ)の安全・安心な入手方法

当病院(WEBサイト上の名称)が処方する(紹介するの意)処方品(アダルトグッズ等)は、院長が実際に購入したところの中から、プライバシーの保護、価格の安さ、品揃え、購入のしやすさなどを総合評価して選んだものです。

処方品に関する直接のお問い合せは、処方品販売サイトにお問い合せください。

提携ショップ1.NLS(エヌエルエス)

NLSの特徴

  • 郵便局留め可能(氏名のみで買える)
  • 発送商品名変更可能
  • 発送元氏名変更可能(商品名と辻褄が合う)
  • 土日祝当日発送(ただし時間制限に注意)
  • ネット価格比較で常に上位1位付近
  • シンプルな梱包と二重梱包(箱を開けてもまだ中身が分からない)
  • 会員登録不要(ただしポイントは付与されない)
  • 会社事務所の従業員出入りは生体認証(ここまでのショップはまず他にない)
  • 創業10年以上の実績(今さら個人情報の売買等にメリットがない)
  • 品揃え豊富(NLSでしか売っていない、または先行販売が多い)
  • ポイントが豊富(ランク制だがすぐにランクアップ。最大12%還元)
  • カタログは送られてこない(希望すれば送られてくる)

院長の利用体験談

院長はほぼ99%ここで購入しています。

NLSの前はいくつか利用したりしていました。当時はNLSにないものがあったり、価格が安いお店があったからです。

ただその内そういった差がなくなりました。元々、一番プライバシーを大事にして買える唯一のお店だったため、他のショップの優位点が霞んだ今はNLS一択です。価格もほぼ間違いなく最安価格。仮に高いところがあっても、そこまでして別で買う意味はないです。ただリスクが上がるだけでしょう。

院長の購入方法はその場限りの購入にしていますが、いい加減会員登録してポイントをもらったほうがいいと思っています。

さすがにもう何年もお世話になっているのでいいかと思っています。

普段は、その場限りの購入で、かつ郵便局留め(商品名・発送元変更)という二重のプライバシー対策をしています。

しかしそのせいで、院長は最大ランクのポイントを受け取っていません。もう何万円か分からない分のポイントを損していることになります。

NLSさんなら会員登録しても大丈夫と言えるのですが、昔からの癖でどうにも万全の買い方になっています。でも、それでも値段で損をしている気にならないところがこのお店のいいところですね。

提携ショップ2.Amazon(アマゾン)

Amazonの特徴

  • NLSにないレアな商品がある
  • 商品によりかなり安いものがある
  • コスプレ衣装が豊富
  • サプリメントなどあらゆるものと同時に買える

院長の利用体験談

ごく稀にアマゾンさんを利用しています。主にNLSに置いていない商品を買う場合のみで、NLSにない場合はアマゾンにあるといった感じです。

ただしばらくするとNLSさんでもその商品の扱いが始まることが多く、今となっては本やKindle電子本、サプリメントやその他いろいろな日用品などでお世話になるのがメインです。

よく見ればアマゾンのほうがNLSより価格が安いものが見当たります。でも院長はNLSで買います。

その理由なのですが、プライバシー保護に関してです。

アマゾンは普段からたくさん利用しています。そしてメールアドレスとパスワードでログインすることで、これまでの購入商品が全て表示されます。院長が買ったマニアックなDVDもばっちり履歴が残っています(笑)

別にそれはネット通販だと普通なのですが、アマゾンは以前に「ほしいものリスト」で個人情報が特定される状態にしてしまった危ない前科があります。

詳細は

http://fladdict.net/blog/2008/03/amazon_2.html (個人のブログさんです)

他のブログ等で情報を見ると、システム更新の際に、日本語化するときにほしいものリストを公開する設定になってしまい、そのリストから辿れば登録氏名が分かり、何を買ったのかがバレるということだったようです。

いわゆるシステム上のケアレスミスによるものだったのですが、アマゾンのように何でもかんでも売っているお店だとこのような一つのミスで大惨事になってしまうわけです。

ただまあ二度とこのようなことは起きないでしょうし、考えすぎても仕方がありません。メインとして買わなければ問題無いと思います。

もしくはアカウントを別に作り、普段は違う名前で登録しておいて、購入するときだけ本名に戻し、買い終わったら元に戻すという方法もできますね。ただ規約上に触れるかもしれないのでこれを試される場合は自己責任でお願いします。

診察科目

病棟案内