日本オナニー総合病棟 オナピタル
  1. トップページ
  2. アダルトグッズ科
  3. ラブドールが昔より売れているのは本当?変態とは思われない?

ラブドールが昔より売れているのは本当?変態とは思われない?

この患者さんの悩み・疑問

ダッチワイフという言葉から、今はラブドールという表現に変わっていることを知りました。ネットでは無色透明の人形だったり、超リアルな等身大ドールだったり、個人の人が所有しているっぽい写真をよく見ます。

正直、ちょっとグッと来るというか興味があります。でも、超えてはいけない一線のような気もしていてモヤモヤしています。

以前まではダッチワイフという感じでかなりきつい見た目のものが多かったのですが、今のラブドールだったらそういうイメージもないですし、みんな普通に使っているものなら自分も使ってみようかと思っています。

ラブドールは本当に売れていて男性が持っているものなのでしょうか?そうとするならラブドールを使っているのは変態にはならないということでしょうか?

>>【処方箋】この患者さんへの処方されたアダルトグッズの内容<<

オナピタル担当者からの回答

ラブドールは想像できないほど数が売れています

結論から言って、ラブドールはネット通販が広まってからは以前とは比較にならないほど売れています。

これは単純にネット通販だから買いやすくなったというわけではなく、無色透明のラブドールが発売されたことがきっかけです。

それがラブボディです。

人気の発端「ラブボディ」は無色透明で変態感ゼロ

ラブボディはビニール素材の無色透明で、女性の体の形を再現したいわば空気人形です。

これまでエロスを求めるにはリアル感だったり、二次元要素だったりで追求するのが当たり前でしたが、ラブボディはそれとは全く違う路線でエロスを感じさせることになりました。

男性が女性に色気を感じる要素にボディラインがあります。女性独特の体の形に男性の性欲が反応します。ラブボディはその要素をシンプルに表現しています。

そして無色透明でいやらしさがないため、所有していること自体は意外なほどに恥ずかしさがありません。

逆に昔ながらのダッチワイフはヘンテコな絵柄の女性に、適当な形でギャグとも取れるようなボディラインであり、持っている事自体はもちろん、部屋に存在していること自体が嫌になってくるものでした。

しかしラブボディは無色透明で存在感もある意味無色透明。でもエロい、純粋に芸術的なエロスもあるため、興奮できるグッズだけど持っていても精神的に負担にならないという非常に大きなメリットがあります。

これがラブボディが圧倒的に売れた理由の一つ。

つまり、所有していても変態感がないというのがポイントです。オナニーホール所有と全く気持ちは変わりません。

一度使えばどうでも良くなる気持ちよさ

でも使用するとなると変態感が強いのでは?と思うと思います。

しかしそれは一度使ってみれば分かります。普通のオナニーのほうが虚しくて嫌になってしまうほど違うからです。

ラブボディには市販のオナニーホールが装着できます。つまりセックスのように腰を動かしてオナニーするわけですが、手でオナホを動かすのと違い、もはやオナニーとは呼べないジャンルになります。

確かに、ラブボディに腰を打ち付けている姿は、実際のセックスと違いいい光景ではないでしょう。ただそんなことどうでも良くなります。

腰が止まらなくなります。また射精する瞬間に抱きつく体があるだけで、これほどオナニーは気持ちよくなるのかと感動するくらい違います。

これで気持ちよさがオナホ単独使用に毛が生えたくらいなら変態感に負けるはずです。しかしそれを一蹴する気持ちよさと、射精後の満足感の持続があるので、変態かどうかなんてもう関係なくなります。これはやったことがある人しか分からない感覚です。

コスプレを想像する時点から脳が気持ちよさを感じるから気にならない

もう一つラブボディのメリットしてあげられる、コスプレに引っかかっている人もいると思います。

ラブボディはそれ単体でもエロスを感じますが、女性物の下着や衣装を着せることができます。これにより一気に視覚的興奮度が高まり、コスプレをさせているときから、その結果を眺める時間、そしてセックスとも言えるオナニーと、非常に流れのある中身の濃いオナニーができます。

でも人形にコスプレって相当ヤバイんじゃないか?という不安もよぎります。

確かに一線を越えるような感覚はあります。ただ実際にやってみると、その一線というのは、この先はもっと気持ちいいし満足できるよ、という一線だったと思えます。

知らない間に、こんな下着を付けてみたい、こんな服はいけるんじゃないだろうか?とアダルトグッズショップ以外の普通のファッションショップにまで興味が湧き出します。

もうそのときからオナニーは始まっているようなものです。ただペニスを刺激して出して終わりのオナニーと違い、ラブボディ等のラブドールを使ったオナニーは、まるで本物の女性とのデートを想像して最後にセックスするような感覚に、種類は違えども近いものを感じます。

おそらく女性には分からない感覚なので、異性からしたら変態なのでしょうが、そもそもオナニーホールだけで変態扱いされるので大差はないでしょう。

少なくとも二次元ものの何かよりは全然変態とは見られないと思います。二次元ものへの風当たりは男女ともにきついものがありますが、ラブドールのような芸術的要素があるものに関しては案外とそうでもないのです。

処方箋

※処方品の販売先については一部を除き、プライバシー保護に厚いNLSと提携しています。

写真 処方品名 内容
ラブボディRisa 何作かのリニューアルを経てこのRisaタイプである意味完成を遂げたモデルです。一番始めに取り組みやすい胴体のみのモデル。正常位も騎乗位もやりやすく、オナホの装着もしやすくなっているオールマイティタイプ。女性のエロスを一番お手軽に感じることができるはずです。
お姉さんの抱き枕(生膣型) もうかなり長く売れ続けているモデル。ウェットスーツに使われる素材を使用したビーズクッションです。触り心地と弾力が良く、非常に抱き心地がいいだけでなく耐久性も高いため、壊れやすいラブボディ系よりこっちのほうが長い目で見たら得です。問題は収納ですが、このタイプはおっぱいが固定付属されていないので、おっぱいパーツを別に購入して別保管しておけば、仮にこの本体が見られてもラブドールとは分かりづらいのが最大のメリットです。
生乳谷間ブラ ラブボディや抱きまくらに装着がしやすい生乳感覚のおっぱいパーツ。素材感は最高のものを使っており、このタイプに多い油漏れがなくラブドールに影響を与えません。他にも魅力的なおっぱいパーツはありますが、これは透明ブラバンドがあるのでどんなドールにも装着固定しやすいのが特徴。自分で付けて触っていても癖になる感触です。

使用上の注意

ラブボディシリーズはビニール素材のため、あまり一瞬で圧力を加えたり、何かにひっかけてしまうと簡単に小さな穴が開いて空気漏れを起こします。

空いた穴が特定できれば修理キット(別売り)で補修できますが、手先が不器用な人は本体ごと買い換えるのをおすすめします。

おっぱいパーツは必ず油漏れ(オイルブリード)しないものを選んでください。だいたい1万円近くの価格がしますが、安いものはおイルブリードによりラブドール本体が変色、弱くなったり、コスプレ衣装に油ジミがつくので避けてください。

診察科目

病棟案内