日本オナニー総合病棟 オナピタル
  1. トップページ
  2. アナル・前立腺科
  3. アナルオナニーすると痔になる?

アナルオナニーすると痔になる?

この患者さんの悩み・疑問

アナルオナニーすると痔になりそうで怖いです。でもエネマグラで痔が治ったという人もいるそうです。

太いものを入れなければ大丈夫だろうと思っているのですが、どれくらいの確率で痔になるものでしょうか?

>>【処方箋】この患者さんへの処方されたアダルトグッズの内容<<

オナピタル担当者からの回答

やり方次第だがアナルオナニーで痔の危険は高くなる

アナルオナニーはやらないよりはやったほうが痔になる確率が確かに上がります。

ただアナルオナニーと無縁の人でも痔になるように、アナルオナニーが痔の原因となるとは言い切れないでしょう。

少なくともやり方を守れば痔になる確率はほとんど上がらないと思われます。

最も痔になりやすいのは肛門表面の切れ痔

一番可能性が高いのが、肛門表面部分、つまり、肛門内部ではなくて外から見えている部分です。肛門のシワの部分と言えば分かりやすいでしょうか。

この部分の皮膚は思っているよりデリケートで、ちょっとしたことで切れて出血してしまいます。

それくらいの出血はすぐに治って何も問題ないのですが、短期間に繰り返すとそこが癖になり、同じ所が切れやすい状態になります。

この肛門部分は排便時に力む、硬い便のときに切れやすいように、一定以上の力が短い時間でかかると切れやすくなります。

なのでアナルオナニーのときにバイブ等を無理に入れると切れる可能性があります。

アナルオナニーでこの部分が切れ痔になるのは、肛門が開こうとする力より早く強くバイブ等を押しこむために、皮膚が体内に引っ張られて負荷がかかり切れてしまうためです。

しかし、アナルをちゃんとマッサージしてほぐしてから、ローション等を十分につけてゆっくり挿入する限りは、普通はそうそう切れるようなものではありません。肛門の筋肉の緊張がほぐれればそれだけ開きが大きくなるので、皮膚が無理に引っ張られることがないからです。

肛門内部の腸壁にもできる可能性あり

肛門から中に入った部分にはポリープ状の痔ができる可能性があります。

これは無理にバイブ等を挿入してできるというより、特に何か問わず、何かにより腸壁が傷ついてできるものが考えられます。
アダルトグッズの中でもアナル向けは表面処理がちゃんとされており、その素材により直腸内部が傷つけられるケースは一部を除いて稀です。

なのでこれも適切なものを使用する限り特に心配する必要はありません。

ただ、腸壁が荒れている、下痢などにより腸壁がはがれ薄くなっているときなど、通常時より弱い状態であった場合、アダルトグッズの表面がつるつるで綺麗であったとしても、その刺激により微細な傷がつき、そこから炎症を起こして腫れ物に発展する可能性があります。

痔を予防するアナルオナニーのやり方・条件

  • 肛門表面はよくほぐしておく
  • ローションはけちらない
  • 挿入はいっきにやらない
  • 抜くときはローションが乾いているので注意
  • ピストン運動は控える

アナルオナニーを始めるときは、以上のことを守って行えばより痔の可能性を低く抑えることができます。

肛門は排便の器官なので挿入するときにより負荷がかかります。それを和らげるのがマッサージやローションです。入れるときは最新の注意を。

また負担は軽くなりますが抜くときも注意。エネマグラなど長時間プレイするものは、引き抜くときにはローションがかなり乾いて潤滑効果が低下しています。このときにあまり無理に引き抜くと皮膚が傷んで痔の元になります。

それにピストン運動はやめたほうがいいです。アナルはピストン運動なしで感じられるほど案外と敏感な部分です。ただ開発に時間がかかるだけ。ピストン運動は邪道と言えます。

ピストン運動すると短時間で皮膚の伸び縮みが何度も起きる上、腸壁の剥がれも起きるため痔になる可能性が一気に高くなります。特にメリットがある方法ではないので避けたほうがいいでしょう。

とりあえず最初に白色ワセリンを塗って皮膚粘膜を保護し、それから使用するローションを使うと皮膚は傷つきにくくなります。ローション単体での場合の性能と変わってしまいますが、皮膚への負担軽減にはかなり効果的なので、痔が気になる人はこの対策もお試しください。

処方箋

※処方品の販売先については一部を除き、プライバシー保護に厚いNLSと提携しています。

写真 処方品名 内容
BLANC SECRETE(ブラン・シークレット) アナルオナニーの定番となった人気ローションです。シリコン系ですが水溶性なのでクリーム状。そのためオイルタイプが普通のシリコンローションより扱いやすく、皮膚の保護力も高くなっています。ワセリンと組み合わせても影響が少なく、より肛門のアナルを大事に守ることができます。1本あると何かと便利。
アナル向け指用サック 肛門内部、直腸壁に微細な傷がつく理由はアダルトグッズを使った場合以外に、自分の指の爪によることが多いです。爪を切っていても傷がつくことはあるので、万全を期すならこのような医療行為に使われるタイプの指サックを使用するといいでしょう。面倒な気もしますが、価格が安いので気軽に使えますし、より安全に遊べるので悪いものではありませんね。

使用上の注意

BLANC SECRETE(ブラン・シークレット)はシリコンタイプで通常のローションより乾きにくいですが、純粋なシリコンローションではないため、純粋なタイプと比較するとやや乾きやすいです。

またアナルは膣と違い締め付けが強いので、たっぷりアナルバイブ等に塗っても肛門搾り取られるため、何度も塗りなおして馴染ませたほうがいいです。たっぷり塗っても肛門付近にたまってベタベタになるので注意。

診察科目

病棟案内